―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【ダイエットの女神さまからの一言】健康的に痩せなさい!<クイーンダイエット>

ダイエットの女神さまからの一言では、健康的に痩せるためのハウツーをお伝えしております。無理に痩せて体を崩してしまっては元も子も有りません。健康的に痩せることで素敵な快適ライフを過ごしていきましょう^^
トップページ > ダイエットの最中であれば特につい甘いケーキな

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

ダイエットの最中であれば特につい甘いケーキな

ダイエットの最中であれば特につい甘いケーキなどを食べたくなってしまいますが、ここは食べたいという気持ちをぐっと我慢することが大切です。食べることで、体重に出てしまうからです。


もしどうしても食べたくなってしまったらカロリーの低いダイエット向けのケーキなどを作ることにしましょう。ダイエットは一日二日で結果が出るものではないですよね。

急激に痩せるということは健康に良くないので、計画的、段階的に体型を変化させる方法を選びそれを繰り返して、徐々に体重を落としていくのがいいでしょう。
すぐにダイエットに成功したといってやめてしまうと、リバウンド現象が起きてしまいますので、最低3ケ月は引き続き行いましょう。女性の目線では、結婚式は生涯一度だけのはずのことなので、婚約してから、人並みにダイエットに精を出しました。その後、エステにも向かいました。色々お金を要したので2日間しか行くことができなかったけれど、普段と違うことをしてちょびっとだけ綺麗な自分に会えた気がしました。有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと効能が出にくいなとされてきましたが、今は途中で休憩をいれても20分より長く運動していてば体にとっては意味があるといわれています。他方で、従来の筋トレのほとんどは呼吸をほとんど止めた状態のダイエットレッスンですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことで効果を向上させることができるわけですね。
基礎代謝の数値をあげるためには有酸素運動が効果的だと一般的に知られています。簡単に取り組めてなおかつ、効果もあるのはウォーキングだといわれています。



といってももちろん、ダラダラ歩くだけではなかなか基礎代謝を上げることはできないでしょう。



たとえば、下腹部に力を入れながら、顎をひいて、そして前をしっかり見据えてなど、筋肉を意識して歩くと、ウォーキングの効果があげることができます。ダイエットしたい気持ちはあっても、食事の量をあまり変えたくないし、時間が無くて運動もできません。


私は困っていたのですが、とてもいい物に出会ったのです。それは痩せると言われているお茶です。
食べないダイエットではお肌や、髪にも悪影響を及ぼす場合があるので、必要なカロリーを補給しつつ、痩せるお茶を飲んだことにより、リバウンドの心配もなく痩せることができました。本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝アップを達成できると聞きます。

おろし生姜を入れたお湯を飲んだり、身体をほぐすストレッチ体操をしたり、お風呂で上半身だけゆっくりとつかったり、代謝を上げるのもかなり大がかりだなと思っていたので、とりあえず呼吸法を覚えて、いつでも気軽に代謝を上げたいと頑張っています。



ダイエットをずっとやってると、カロリーを数えなくても、大まかですが、摂取カロリーが見当がつくようになってしまいます。
肉と米、野菜をこのくらい食べたので、本日のランチはこれくらいのカロリーをとったという具合に計れるのです。私も昔、デブだった黒歴史があるので、しょうがないのですが、少しへこみます。世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物はあり得ません。


しかし、カロリーが低いものや、食物繊維を多く含有していて、お通じを促進してくれるものはダイエット効果という意味では有効ですよね。特に、野菜やきのこ類、海藻類をたくさん摂取すると、体重が増えにくくなるでしょう。

また、カロリーの高い食べ物を制限することも大切です。
ついご飯の前にお菓子を食べてしまうことが多くてこんなのだめだと思っている方はお菓子の代わりにスムージーを飲んでみてはいかがでしょう。自分好みの食材でスムージーを混ぜ合わせて作るのもいいですし、ネットやお店で専用の商品を買うこともできるでしょう。おやつや主食に置き換えて飲むことで、ダイエット効果が上がるんです。飲み込むだけではなく、スムージーを噛んで飲むとこれ以上なくいいですよ。一般的には基礎代謝の平均値は20歳過ぎからだんだんと落ちていきます。
これは成長期の終了によって代謝量が安定しだしたことと、運動量の減少のために筋肉量も、だんだんと低下していっているためです。

30代以降になるにつれてだんだんと体型が変化し太りやすくなるのはこのような理由が実はあったのです。



体重を落とそうとするのに食べ物を食べるのを抜いてしまうのはダメです。実際、長続きしませんし、体調を害してしまいます。食べ物を取りながら。

食事の一部をカロリーの低いものに交換すると良いです。
有酸素運動を合わせて行う人は、筋肉をつけて脂肪の燃焼効果を強めるため、高たんぱくで低いカロリーの食品が推奨します。

ダイエットを行うときの心構えとしてまずまず基礎代謝量を計算して知っておくことが重要な第一歩です。

基礎代謝という意味は、何もしていないときに消費されるエネルギーのことをいい、数値が大きいほど、太りづらい体質と考えられています。

基礎代謝の計算が簡単できるサイトがありますので、一度確認してみるといいと考えます。短い期間で健康的にダイエットするためにはスイミングが一番です。走るなどは苦手だという方でも、スイミングならば浮く力で、長時間可能ですし、泳ぎ終わると心地よい疲労感があります。
痩せる活動目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。
スイミングは思っているよりも消費カロリーが多いので、続けることで痩せることが期待できます。痩せる活動には様々な方法がありますが、基本は運動と食事ではないかと思います。食事制限と並行して運動も行うとより一層効果的なので、毎日何かしらのトレーニングを行えばさらに良いですね。スポーツジムといったところに通うのも良いと思われますし、それができそうにない人は自分でトレーニングやジョギングをやるようにしていきましょう。痩せることが出来る食事と言われたときのイメージは脂肪分や糖分などが控えめなものが浮かぶと思いますが、私個人の経験からすると、塩分をできるだけ抑えた食事が効果的だったと思います。


特に、下半身の脂肪が気になるという人は、まず減塩から行われることをお薦めしたいです。息を意識してお腹からするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。



体を細くするストレッチとしては深い呼吸をしながら、肩甲骨を動かすのが成果があると聞きました。
肩こりにも成果が見られるんですが、両腕を上にピンと伸ばしながら息を吸って、腕は上を向いたままキープし、肘を曲げて体の後ろに沈めていきます。
この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。食事を抜くダイエットは確実に痩せるのですが、実はデメリットもあるのです。


私は生理が来なくなってしまいました。
排卵が止まり、婦人科で薬をもらい治しました。

ですので、最初から無理をしすぎると長続きしないし、危険だと思います。
常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも結構、違いが出てくるのです。


出産をしてから、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、減量と合わせて人生でしたことがなかった筋トレをしました。

100%おっぱいで育児をしていたので、予定どおりにダイエットはできなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。


その結果、半年ぐらいでほぼ元のスタイルに返り咲くことができました。

ダイエットに効率的な運動といえば、エクササイズです。なるべく短期間でダイエットを成功させるためにはカロリー消費が大切なので、消費カロリーが膨大なジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動がいいと思います。


又、体を引き締めてメリハリのある体の線を作るためには、筋肉トレーニングもおすすめです。年齢が上がるにつれて、運動をすることも減り、基礎代謝が下がっていく気がします。そのためか、せっかくダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。

やっぱり、体質を変えるところがスタートです。そのためには、まず、体を温かくするために、生姜湯から始めたいと思います。寒い冬には良い飲料ですし、これで代謝がアップすること間違いないでしょう。

ダイエットを成功させるためには有酸素の運動と筋トレです。

遅筋は有酸素運動で主に使われますが、筋トレで使用するのは速筋が鍛えられます。ご存知かもしれませんが、遅筋は成長しにくく、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。この遅筋と速筋を同時に鍛えると、魅力あふれるスタイルになってゆきます。最近、ぽっちゃりになったので、痩せよう調べていたら、良い改善法を見つけました。それは、酸素を多く体にいれる運動です。
知っての通り、有酸素運動の効果はてき面で、食事制限をするよりも、ずっとダイエットできます。私も数週間前から有酸素運動を取り入れていますが、どんどんスリムになって嬉しいです。有酸素運動は思ったより効果があるんだなと認識しました。私は痩せようと思った時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどのトレーニングを行い、筋肉の量を増加することでからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少々速足での散歩を30分以上やりました。私の場合、これを毎日、毎日実行することで、2か月で5キロのダイエットができましたが、継続することは努力がいることでした。減量を志すには筋肉を付けて基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。
実際、痩せる為にはどんな筋トレが向いているのでしょうか?有酸素運動が効力がありますが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。



軽い有酸素運動の以後に筋力トレーニングを実施し、終わりにまた軽く有酸素運動を行うのが結果が出やすいようです。


もはや20年ほど前になるでしょうか。当時流行した海外製の減量効果のあるメタバリアスリムを験したことがありました。飲んでしばしすると、動悸が発生したり息切れが発生したりしました。私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、一本で、飲むのを中断することにしたんです。

体重も何も全く変わりませんでした。

自分の基礎的な代謝を測ることは重要です。

なぜならば、自分の基礎代謝量の知識なしでは、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることはすることはできないからです。若かったあの時のような無理なダイエットをするのが体が言う事をきかなくなった分、いつも静かに数値と向き合っていきたいと思う日々です。
体重を減らそうと思っても続かないという場合は、ダイエットできたという方の体験談を聞くことをおすすめします。
ネットに載っている情報などは信じられない方も多いと思うので、機会があるならば身近な方のエピソードを直接聞いてみるといいでしょう。

成功体験を知ることでがんばろうという気が起きます。
ダイエットの為に朝ご飯を取らないのは体に悪いので、ちゃんと食べる方が効果的です。カロリーを気にする場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトに変えて食べるといいです。それ以外にも、温野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌も綺麗に保てます。
栄養のあるバナナを朝ご飯にしてもいいので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。



痩せようと思っても毎日毎日、マラソンしたり歩行したりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちが感じられますよね。

そこでわたしが、一押ししたいのが部屋の中での有酸素ダイエットレッスンです。

ラジオ体操も効果的な有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 【ダイエットの女神さまからの一言】健康的に痩せなさい!<クイーンダイエット> All rights reserved.