―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【ダイエットの女神さまからの一言】健康的に痩せなさい!<クイーンダイエット>

ダイエットの女神さまからの一言では、健康的に痩せるためのハウツーをお伝えしております。無理に痩せて体を崩してしまっては元も子も有りません。健康的に痩せることで素敵な快適ライフを過ごしていきましょう^^
トップページ > ダイエットを行うときの心構えとしてまずあらか

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

ダイエットを行うときの心構えとしてまずあらか

ダイエットを行うときの心構えとしてまずあらかじめ基礎代謝量を計算しておくことが重要な第一歩です。基礎代謝とは、運動や仕事など何もしてない時に消費されるエネルギー量のことですので、数値が大きいほど、体質的に太りにくいといわれているのです。

今では気軽に基礎代謝量が計算できるツールがネット上にありますので、一度使って確認してみるといいと推奨します。
ダイエットして健康的に体重を落としたい場合には、有酸素運動を行うのが効果があります。
これは泳いだり、ウォーキングやジョギングをするといった運動です。


栄養面で留意すべきはプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を吸収させることです。

脂肪分を分解させるためにはタンパク質がなくてはならないのです。
痩せたい!と思うなら、まずは無理をし過ぎないことです。



食事制限をするダイエットは確実に痩せるのですが、悪影響もあるのです。私は生理が止まりました。
このときは、排卵が無くなり、産婦人科でもらった薬を飲んで治しました。初めから無理をしすぎると長続きしないというのが自論です。

普段歩くときにお尻に力を入れて大股で歩くだけでも結構、違いが出てくるのです。
体重を落としていると自分に厳しい食べ物の制限をかけてしまう人もいますが、断食などの減量は、タブーです。いくら、食事制限を行っていてもお腹が減ってしまったら我慢せずに食べるようにしましょう。



できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば急に体重が増えたりすることもありません。基礎代謝は年をとるにつれ落ちていくと聞きます。
食事の内容は変えていないのに加齢とともに太りやすくなっている雰囲気があります。


ダイエット用、脂肪を燃やしたり吸収を阻止するタイプのサプリもたくさん売っていますが、出来るならば自然なかたちの漢方で基礎代謝アップに努力したいです。出産をしてから、たるんだおなかを元通りにするために、減量と合わせて生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。100%おっぱいで育児をしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはかなり夢中になってしました。


おかげさまで約半年である程度元の体型に戻す願いがかないました。ダイエットをしているという人は運動をしてダイエットを行うのは結構、普通だと思われますが、しっかりと時間を決めて取り組んでいますか?出来るだけ毎日朝なら朝にして、夜なら夜にと決まった時間に痩せる活動レッスンした方が痩せやすくなる体にすることが出来ると思います。
基礎代謝の数値をあげるためには有酸素運動がオススメだとされています。簡単に取り組めて効果もあげやすいのはウォーキングだといわれています。
もちろん、ただだらだらと歩くだけでは基礎代謝量を上げることは難しいです。


望ましい方法としては、下腹にぐっと力をいれながら、顎をしっかり引いて前を向くなど、筋肉を使いながら歩くように心がけることで、効果が出てきます。
ダイエットを頑張るならとにかく筋肉を増やして基礎代謝を向上させる事が大切です。実際、痩せる為にはどんな筋トレが求められるのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、やり過ぎはかえって筋肉が増えにくいと言われています。
大した程度でない有酸素運動の以後に筋トレを実施し、最後に再び軽く有酸素運動を行うのが結果が出やすいようです。

ダイエットは過去に何度かしてきました。

今も継続している痩せる方法は小さな断食です。


その日の予定がない日に水以外は何も摂取しないようにします。
翌朝はお粥のような胃にやさしい食べ物を食べて、後は普段通りに生活するのです。



胃袋のリセットにもなって体にも好ましいそうですよ。体重を落とすのに効果的な運動といえば、エクササイズです。

ダイエットを貫徹させるためには、使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なので消費カロリーが膨大なジョギングや有酸素運動やサイクリングなどの運動が第一候補として上げられます。又、身体をシェイプアップして強弱のあるボディラインを作るためには筋トレも一押しです。

その昔、私がダイエットを決心した時、家でも可能なダイエットの手段として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増やしてからだの中の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を30分以上やりました。
これを毎日続けたおかげか、2か月で5キロのダイエットができましたが、実行し続けることはとても大変でした。体重を落とそうとするのに食事を抜いてしまうのは認められません。

この方法は長期間続かないし、まず間違いなく体調を壊します。食事を食べながら、食べ物の一端をカロリーの低いものに置き換えると良いです。

運動を併用する方は、脂肪燃焼効果を高めるため、高たんぱくで低いカロリーの食品が推奨します。ダイエット期間の間食は何があってもいけません。おやつでの食べ物が、もしポテチなどではなかったとしても、摂取すれば太るという事実を頭に入れておいてください。極端に我慢するのもいけませんが、一日三回、食事をきちんととって、あとは食事への欲求をおさえられるように身体を変えていきたいものです。元々の代謝量が多い方がダイエットには適しています。
軽く椅子に座る場合に背もたれを、活用せず背中の筋肉を、伸ばすようにしたり、歩き方を少々注意するだけでも、基礎代謝量を増大することができます。
座り方や歩き方が素晴らしくなれば、女性としてもプラスになります。重ねてのメリットなので頑張りましょう。歳に伴いだんだんと体がゆるんできました。ダイエットのためには、運動、食べ物の管理が一番だとは思うもののなかなか時間が確保できずに実行に持っていけませんでしたがつい最近、久しぶりに体重計で計ってみて驚いたんです。とりあえず、自然に運動をするために、日々の交通手段を歩きに変えることから始めてみました。これで僅かでも痩せると嬉しいです。



ダイエットには有酸素運動が無理なく出来るので、イチ押しです。
私は踏み台昇降を家の中でしています。これは長くやっていると、心臓がバクバクいいますし、腿やふくらはぎの筋肉も伸び縮みするので、思ったよりもずっとクタクタになります。これはテレビを観ながら楽しく出来ますが、すごく体が締まりました。実際、有酸素運動は、せめて20分は運動しないと結果がでないとされてきましたが、今は、休まず運動しなくても20分を超える時間を運動していればききめがあるといわれています。

と同時に、筋トレのほとんどは呼吸をほとんど止めた状態の運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動をかわるがわる行うことでそれぞれの効果を引き出すことが良い結果を生むはずです。すでに20年くらい前になりますが、その頃、流行した海外製の痩せる!といわれるメタバリアスリムを試みたことがありました。飲んでしばしすると、胸が苦しくなったり、息切れが発生したりしました。ききめがあると思えばいいのか、体に合わないのかわからず恐れを感じ、一瓶で飲むのをやめました。

体重も結局は何も変化しませんでした。ダイエットをしているとき、ついついケーキなどの太りやすいものを食べたくなってしまいますが、その際には食べたい気持ちを我慢するようにしましょう。



食べると、体重に反映されてしまいます。もし、どうしても食べたくなった場合はカロリーが低いダイエット用のケーキを作りましょう。
どうしても食事と食事の間にお菓子を食べてしまって、治さないといけないと思っている方はお菓子の代わりにスムージーを飲む置き換えダイエットはどうでしょう。



自分の好きな食材でスムージーをミキサーなどで混ぜ合わせて作ることもできますし、ネットやお店で専用の商品を買うこともできるでしょう。
おやつや食事の代わりとしてスムージーを飲むことで、効果的に痩せることができるんです。
スムージーを噛んで飲むとさらに効果が出ますよ。
基礎代謝を上げるのはダイエットにも効果があるのです。普段あまり汗が出ない人は、体内に老廃物が溜まりやすいです。老廃物が溜まってしまうと基礎代謝を下げることになるので、汗をかかない人ほど太りやすくなってしまうのです。
基礎代謝を良くする事で汗をかきやすくすることが大切です。一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、だんだんと落ちていってしまいます。これが示すことは、成長期の終わりとともに代謝量が安定するようになったことと、運動量が少なくなったことにより筋肉量も、だんだんと低下していっているためです。30代以降になると太りやすくなってしまうのはこういう理由があったのです。
呼吸に気を付けてお腹からするだけでも、人間はスレンダーになるそうです。


体を細くするストレッチとしては深く呼吸すると同時に肩甲骨を動かすのが効果が見られやすいのだと聞きました。

肩こりにも、効果的らしいのですが、両ほうの腕を上にまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上に向けたまんまで、肘を曲げて体の後ろに沈めていきます。この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。


ダイエットの為に朝食を抜くのは体に害を及ぼすので、欠かさず食べる方が効果的です。カロリーを気にする場合は主食で取る炭水化物をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。他にも、茹でた野菜や温かいスープも代謝が上がりますし、肌も綺麗に保てます。

バナナを朝食にしてもいいので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。

痩せる活動をずっとやってると、カロリーを計らなくても、摂取カロリーの大まかな数値が見当がつくようになってしまいます。


主食と主菜、副菜をこのくらいの量食べたので、今日のランチに食べたカロリーは大体、このくらいというように予想できるのです。私も太っていた時代があるので、仕方ないのですが、ちょっぴり切なくなります。



炭水化物を減らすやり方で減量を目指したことがあります。しっかり噛むことで、充足感を満たそうとしたけれど、困難だったです。日本人ですので、時には、ガツンと白いごはんをいただきたくなります。だから、現在は、夜は炭水化物の飲食を控えるけれど、朝食と昼食はごく普通に摂ることにしています。



ダイエットといえば、有酸素ダイエットレッスンですが、もっとも効果のある心拍数を理解することによって自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪燃焼を高めることが出来るようになります。しかしながら、長い時間体を動かせば動かすほど痩せられるのではなく、特に激しい運動をすると筋肉に酸素が十分に行き渡らず、逆効果です。
最近、ぽっちゃりになったので、体重を減らそうと調べていたら、いいやせ方を見つけました。それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。有酸素運動のききめは素晴らしくて、カロリーを制限するよりも、ずっと痩せられます。私も数週間前から有酸素運動を取り入れていますが、どんどんスリムになって嬉しいです。
有酸素運動は思ったより効果があるんだなと感じた出来事でした。食事制限をしたくないし、時間が無くて運動もできません。困っていた時、とてもいい物と出会いました。そう。
それが痩せるお茶だったのです。無理して、食事量を制限するダイエットはお肌や、髪にも悪影響を及ぼす場合があるので、必要なカロリーを補給しつつ、痩せるお茶を飲んだことにより、リバウンドすることなく美しく痩せることができました。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 【ダイエットの女神さまからの一言】健康的に痩せなさい!<クイーンダイエット> All rights reserved.